遺体を燃やすと出る亜硫酸ガス 武漢上空で大量検出…およそ1万4000体分

トレンドニュース
あなた本来の美しさを引き出します「もとび美容外科クリニック」

1 名前:カテヌリスポラ(大阪府) [US]:2020/02/11(火) 17:50:32.17 ID:AUvZHRd80

3cdd84bf「遺体を燃やすと出る亜硫酸ガス、武漢上空で大量検出…
1万4000体は燃やさないとこのレベルのガスは出ない」

武漢から膨大な量の亜硫酸ガス(Sulfur Dioxide; SO2)が検出された。亜硫酸ガスは死体を燃やす時に発生するガスである。この程度のガスが出るには、1万4000人の遺体を燃やさなければならないという。

For A-career

武漢と近くの都市、また、中国全土で高い数値の亜硫酸ガスが検出されている。これが事実なら、これまで中国政府が対外的に公表した死亡者数900人は、完全に嘘という話になる。

死を待つだけの隔離施設 死んだら(死ななくても意識を失ったりすれば)そのまま燃やされる
https://www.youtube.com/watch?v=gzh2lL45GCA

続きを読む

Source : LiveDoor
遺体を燃やすと出る亜硫酸ガス 武漢上空で大量検出…およそ1万4000体分

社会人に特化したフィリピン・セブ島留学【MeRISE留学】