新型コロナウイルス感染症患者の肺はこんな感じ、医師が実際のデータからVRモデルを作成

2019年末から猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、主な症状として発熱、せき、たんが報告されており、重症化した場合は高熱、気管支炎、肺炎などが併発するといわれています。そんなCOVID-19に感染して重症化した患者の肺を実際のデータから3DCGで再現し、VR空間でチェックできるモデルを作成したと、ジョージ・ワシントン大学付属病院が発表しました。

続きを読む…

Source : ギガジン
新型コロナウイルス感染症患者の肺はこんな感じ、医師が実際のデータからVRモデルを作成