FirefoxがTLS1.0と1.1を再度有効化、新型コロナウイルス情報を発信する政府サイトへのアクセスを改善するため

「TLS」はインターネットなどのネットワークにおいて、セキュリティを要求されるデータ通信を行うプロトコルの一種です。TLSの古いバージョンであるTLS1.0、TLS1.1には多数の脆弱性があると指摘されていたため、主要なブラウザは安全性向上のためにTLS1.0、TLS1.1を無効化することを決定しています。Mozillaが開発するFirefoxも、2020年3月11日に正式版がリリースされた「Firefox 74」でTLS1.0、TLS1.1を無効化しましたが、「新型コロナウイルス感染症の影響で再びTLS1.0、TLS1.1を有効にした」と報じられています。

続きを読む…

Source : ギガジン
FirefoxがTLS1.0と1.1を再度有効化、新型コロナウイルス情報を発信する政府サイトへのアクセスを改善するため