【カンバ通信】第1回:新型コロナの影響で仕事がゼロになったケニアのタクシー運転手「チャオス」がお届けするケニアの今

社会人に特化したフィリピン・セブ島留学【MeRISE留学】

ジャンボ〜! スパじゃなくてジャンボ〜。どうもはじめまして。オレ、チャオス。ケニアの首都ナイロビで、もうかれこれ7年間タクシー運転手をしているチャオスです。「あ、見たことある」って人もいるかも?

そう、日本のゴー(羽鳥)がマサイのルカのところに行くには必ずオレが案内してるから、記事にもちょいちょい写ってる。撮影も手伝うし、マサイ以外のネタの時も取材に協力したりする。ケニアの寿司とか、懐かしいなぁ。

つまるところ日本のゴー(羽鳥)の “ケニアの相棒” であるオレなんだけど、ちょっといろいろあって、今回から期間限定で連載を始めることになったんで、どうぞよろしくおねがいします。

「ちょっといろいろ」ってのは、新型コロナの影響で、ずばり仕事がなくなった。完璧に今、仕事ゼロ。ロックダウン(夜間外出禁止令&移動制限)&観光客ゼロ状態で、潔いくらいに収入ゼロ。

For A-career

家族を養う金もないし、車のローンを払う金もないし、家賃を払う金もない。つーことで日本のゴー(羽鳥)に相談したら、マサイのルカの時と同じく「よし、じゃあ連載やろうか」となったんだよね。

とりあえず今回は簡単な自己紹介をしておくね。年齢は36歳。妻は1人で子供は2人。ナイロビ在住だけど、出身地はケニアのマチャコス(machakos)で、民族的には「カンバ族」。ということで、この連載もマサイ通信にならって「カンバ通信」としてみたんだけど……どうかな? 

きっとマサイ通信のインパクトには敵わないと思うけど、リアルなケニアの今を伝えられたらと思っているよ。次回は、オレの住んでいる家でも紹介しようかな〜? それでは、次回まで、クワヘリ(さよなら)!

Report:チャオス(カンバ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.


Source : ロケットニュース
【カンバ通信】第1回:新型コロナの影響で仕事がゼロになったケニアのタクシー運転手「チャオス」がお届けするケニアの今

あなた本来の美しさを引き出します「もとび美容外科クリニック」