100年以上謎だった「なぜ全身麻酔で人は意識を失うのか」がようやく解明へ

For A-career

全身麻酔が最初に利用されたのは、日本では1804年、西洋では1846年ごろと考えられています。歯科医のウィリアム・T・G・モートンがエーテル麻酔を開発し、1846年に頚部腫瘍の患者に対して全身麻酔手術を行ったことは西洋医学の大きな転換点となりましたが、一方で、実は「なぜ全身麻酔を施すと人は意識を失うのか」という理由は、長年、解明されていませんでした。そんな中、最新技術によって、この謎がついに明かされようとしています。

あなた本来の美しさを引き出します「もとび美容外科クリニック」

続きを読む…

Source : ギガジン
100年以上謎だった「なぜ全身麻酔で人は意識を失うのか」がようやく解明へ

社会人に特化したフィリピン・セブ島留学【MeRISE留学】