「自分が服用しているのは偽薬である」と知っていてもプラシーボ効果が発揮される可能性

社会人に特化したフィリピン・セブ島留学【MeRISE留学】

本物のように見えるが実際には効果がない「偽薬」を服用した場合でも、患者や被験者に何らかの効果が現れるという現象をプラシーボ効果と呼び、一般的には「偽薬とは知らない患者」に対して処方された時に効果が認められます。しかし、アメリカの研究チームが行った研究により、人々が「自分が服用しているのは偽薬である」と理解している場合でも、被験者に効果が現れることが判明しました。

あなた本来の美しさを引き出します「もとび美容外科クリニック」

続きを読む…

Source : ギガジン
「自分が服用しているのは偽薬である」と知っていてもプラシーボ効果が発揮される可能性

For A-career