今しかできな真鯛の食べ比べ! 塩わさびで味わう「絆真鯛塩〆炙り」に大満足!! #くら寿司

あなた本来の美しさを引き出します「もとび美容外科クリニック」

本日10月9日(金)より、くら寿司に「絆真鯛塩〆炙り」が登場。通常メニューの「極み熟成 真鯛」と食べ比べをしてきました!

くら寿司「絆真鯛塩〆炙り」発売


本日10月9日(金)より、くら寿司に「絆真鯛塩〆炙り」が登場。

「絆真鯛塩〆炙り」は、新型コロナウイルス感染症の影響によって出荷できないままに生けすで保管されてた愛媛県宇和島市産の養殖マダイを使用。6月に大量仕入れを行い、くら寿司の冷凍技術で高品質を維持し、冷凍でも変わらないおいしさを実現したというもの。また、独自の技術で熟成を加えて旨味を引き出した、今しか食べられない一品になっています。

通常の真鯛メニューとの差別化のため、皮目を残しこんがりと炙られた「絆真鯛塩〆炙り」。脂が乗りギュッと旨味の詰まった味を、さっそく食べてきました!

今しかできない「真鯛」食べ比べ

くら寿司には通常メニューで「極み熟成 真鯛」という真鯛メニューがあります。と、いうことで期間限定の「絆真鯛塩〆炙り」と食べ比べをしてみました。


極み熟成 真鯛 (2貫 200円)

まずは通常メニューの「極み熟成 真鯛」からいただきます。表面には醤油ベースの特製タレが塗られているので、そのままパクッと。

んー! プリッとした身が甘くて旨味たっぷり。タレの味は控えめなので鯛の味がしっかり味わえます。


絆真鯛塩〆炙り (1貫 100円)

続いて、期間限定の「絆真鯛塩〆炙り」。醤油を少し垂らして、いただきますっ。

全然違う! 炙られたことで香ばしさがプラス。身はホロっと柔らかく解けるような食感になって、軽くていくらでも食べられそう! しっかり脂の乗った濃厚な味が楽しめます。


そして、もう1パターン。「絆真鯛塩〆炙り」を塩とわさびでいただきました。

これが、めちゃめちゃ良い!炙られて滲み出した真鯛の脂をワサビが爽やかにまとめ上げています。真鯛自体の味が濃厚なので、塩はほんの少しふりかける程度が最適解。さらっとした上質の脂は甘くて、ワサビのピリッとした辛味と相性抜群です。

個人的に、ステーキにわさびをつけて食べるのが好きなんですけど、それに近い感覚。ガツンと旨味を感じられる「絆真鯛塩〆炙り」は塩ワサビが断然オススメですよ!


同時開催:本ずわいがにVSとろフェア

また、本日10月9日(金)よりくら寿司では「本ずわいがにVSとろフェア」も開催。「特大 本ずわいがに(一貫)」や「本ずわいがに三種盛り」など冬の味覚が盛りだくさん!

「絆真鯛塩〆炙り」と合わせて、今しか食べられない味をお見逃しなく!


公式サイト:くら寿司|回転寿司|

カジュアルフード関連記事

Source : グルメ情報まとめ
今しかできな真鯛の食べ比べ! 塩わさびで味わう「絆真鯛塩〆炙り」に大満足!! #くら寿司

社会人に特化したフィリピン・セブ島留学【MeRISE留学】