最高裁、アルバイト職員への賞与認めず 「不合理な格差と言えず」

あなた本来の美しさを引き出します「もとび美容外科クリニック」

1 名前:ブギー ★:2020/10/13(火) 14:55:11.19 ID:Sra6CJ0j9

WS003346非正規の労働者が正規の労働者と同じ仕事をしているのにボーナスが支給されないのは不当だと大学の元アルバイト職員が訴えた裁判の判決で、最高裁判所は、ボーナスが支給されないことは不合理な格差とまではいえないとする判断を示しました。

大阪医科大学の研究室で秘書のアルバイトをしていた50代の女性は、正規の職員の秘書と仕事の内容が同じなのにボーナスなどが支給されないのは不当だとして大学側に賠償を求めました。

For A-career

1審は女性の訴えを退けた一方、2審の大阪高等裁判所は不合理な格差で違法だと判断し、正規の職員のボーナスの60%にあたる金額を賠償するよう命じ、大学側と女性の双方が上告していました。

13日の判決で、最高裁判所第3小法廷の宮崎裕子裁判長は、非正規労働者にボーナスが支給されないことは不合理な格差とまではいえないとする判断を示しました。

続きを読む

Source : LiveDoor
最高裁、アルバイト職員への賞与認めず 「不合理な格差と言えず」

社会人に特化したフィリピン・セブ島留学【MeRISE留学】