【衝撃】生徒の背骨を折った柔道部顧問、正義の味方だった!!!

For A-career
0033a678da98649b9f11097edee16acd_t

生徒の背骨を折った柔道部顧問、アイス窃盗犯を許せない正義の味方だった!

1: 令和大日本憂国義勇隊(栄光への開拓地) [PT] 2020/10/14(水) 11:51:32.47 ● BE:828293379-PLT(13345)

兵庫県宝塚市立長尾中学校柔道部で男性教諭(50)が部員2人に体罰を加えたとして兵庫県警に逮捕された事件を受け、宝塚市教育委員会は13日午前、会見を開いた。一問一答は次の通り。

 -被害生徒は登校しているか。

 「当初は『顧問が怖い』と骨折した生徒が2日間、もう1人は翌日欠席した。その後も出席したり、欠席したり。今は体調が良いときに登校している」

 -骨折した生徒は全治3カ月とあるが。

 「運動が3カ月できないと聞いている。職員が送迎し、胸部にコルセットをしている」

 -男性教諭の体罰による処分歴を詳しく。

 「処分は3回で訓告が2回、懲戒が1回。全て2013年、前任地の宝塚市立宝塚中学校での事案。部員の暴言に対し、ビンタをした▽生徒指導上、生徒の胸ぐらをつかんで押した-の2件が訓告。生徒指導中に従わなかったため、顔に頭突きをして生徒の鼻の骨を折った件が減給10分の1(3カ月)の懲戒処分」

 -被害生徒2人の柔道歴は。

 「2人とも柔道経験はなく、中学に入ってから柔道部に入り、1人は入部まもなく、1人は仮入部だった」

 -学校に対する男性教諭の言い分は。

あなた本来の美しさを引き出します「もとび美容外科クリニック」

 「あくまで練習という形で『普段よりきつい練習をした』と言い、体罰という認識はなかった。保護者との面談を経て、体罰だと認めた」

 -どんな体罰があったのか。当日の流れは。

 「骨折した生徒は、寝技絞め技をされて失神に至った。逃げる形で帰宅し、その後部活には行っていない。生徒が帰った後、もう1人の生徒への体罰があり、その後全体ミーティングをして部活が終わった」

 -市教委の認知と対応は。

 「9月25日に学校から『行き過ぎた指導』と一報があった。28日に経過報告があり『体罰だった』と言われた。10月1日夜に本人と副顧問から聞き取りを行い、翌2日に保護者の元へ行き謝罪をした」

 -2013年に体罰をした男性教諭を顧問に据えている。市教委の認識は。

 「学校長に判断をゆだねている。5年間問題を起こさず、研修も受けているため意識が変わっていると思っていた。柔道経験者でもあるので顧問にした」

 -男性教諭が激高した理由は。

 「明確な理由は分からない。(OBから差し入れられたアイスキャンデーを)無断で食べたことに対し、指導する必要があると思って感情が高ぶったのではないか。正義感が強い人物で、それが間違った形で出てしまった。反省しないといけない」

10/13(火) 13:03 神戸新聞NEXT
https://news.yahoo.co.jp/articles/7825ead04c9dbc5780e1a4727a96eb9c927daced


続きを読む

Source : NEWSまとめもりー
【衝撃】生徒の背骨を折った柔道部顧問、正義の味方だった!!!

社会人に特化したフィリピン・セブ島留学【MeRISE留学】