『都道府県魅力度ランキング』で最下位を脱出した茨城県民の心境は複雑 →「勝手に順位を上げないで欲しい」

For A-career

2020年10月14日に民間調査会社「ブランド総合研究所」が発表した『都道府県魅力度ランキング』。7年連続で最下位だった茨城県が見事42位に輝いたことは以前の記事でお伝えした。

さぞかし茨城県民は喜んでいることだろう……と思いきや、話はそう単純ではないらしい。というのも、実際に知人の茨城県民に「最下位脱出」についてコメントを求めたところ、まあまあ難解な答えが返ってきたからだ。

・茨城県民に話を聞いた

認知、魅力、情報接触、観光意欲、居住意欲……などなど、多種多様な項目で導き出される都道府県魅力度ランキング。長きに渡り1位に君臨し続ける「北海道」よりも、毎回最下位の「茨城県」が注目を集める秋の風物詩的ランキングである。

さて、自分に縁がある都道府県には出来れば魅力的であって欲しいもの。そういう意味で7年連続で最下位だった茨城県民は、耐え難い屈辱があったに違いない。やったな、茨城県民! というワケで知人の茨城県民に話を聞いてみることにした。おーい、後輩の茨城県民――!!

──よかったね、ついに都道府県魅力度ランキングで最下位から脱出だよ!

「ああ……ありがとうございます」

──嬉しい? ねえ、嬉しいの!?

「うーん、一言で語るのは難しいんですね。嬉しさ2割、不安8割って感じでしょうか」

──え? 不安なの?

「もちろん嬉しい気持ちもゼロではないんですよ。実際に茨城って住むと最高ですし。ただ、そんなことは茨城県民なら全員がわかってることで、魅力度ランキングが何年連続最下位でも別に構わないんですよね。自分たちは茨城の良さがわかってるんで

──なる……ほど。

「逆に、最下位じゃないとおいしくないというか、それをウリに出来ないじゃないですか? 実際に茨城県も最下位を逆手に取った自虐プロモーションをやってますからね。個人的には茨城の武器が1つ無くなる方が痛い気がします」

──武器……!

「そうですよ。だって、最下位だから注目もされるし、笑えるじゃないですか。日本で1番高い山は富士山だってみんな知ってますけど、2番目、3番目、4番目に高い山なんて知ってる人いますか? 」

社会人に特化したフィリピン・セブ島留学【MeRISE留学】

──確かに。

「あと、どうせランキングが上がるならTOP10入りとかして欲しいですよね。ぶっちゃけ42位なんて目くそ鼻くそじゃないですか? TOP10入りしたなら素直に喜べると思います。やっと気付いたか、的な感じで」

──ふーむ。

「だから、ちょっと茨城よりランキングが低い県には頑張って欲しいですよ。栃木なんて鬼怒川温泉と日光東照宮があるのにだらしない。46位の徳島県だって阿波踊りがあるじゃないですか。勝手に茨城より順位を下げるのはやめて欲しいですね。というか、勝手に茨城の順位を上げないで欲しいです」

──勝手に……!

「なんかずっと42位とかをウロチョロするくらいなら、自分的には永遠に最下位の方がいいですね。茨城の魅力は茨城県民が1番よくわかってるんで、そこは揺るぎませんから」

──ちなみに茨城県の最大の魅力は何なの? 1つだけ挙げるとしたら。

「うーん、人が優しいところかな……?」

──ぼんやりした理由だな、おい!

というわけで、話を聞いた茨城県民的には「茨城の魅力はわかっているので、魅力度ランキングは最下位の方がおいしい」という感想のようだった。1つだけ言えるとしたら、どうやら茨城県民は最下位をネタにできるくらいの懐の広さがある、ということだろうか。

参照元:ブランド総合研究所「都道府県の魅力度等調査結果」
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source : ロケットニュース
『都道府県魅力度ランキング』で最下位を脱出した茨城県民の心境は複雑 →「勝手に順位を上げないで欲しい」

あなた本来の美しさを引き出します「もとび美容外科クリニック」