Dropboxが新開発した「非同期処理フレームワーク」はどのように構築されているのか?

For A-career

複数のプログラムを順番に処理していく同期処理システムでは、どこかひとつの処理に時間がかかると後続の処理がまるごと遅れてしまいます。そんな同期処理に対し、ある処理の完了を待たずに次の処理を実行できるのが非同期処理。重たい処理によるボトルネックを回避できるため、ウェブサイトの応答速度改善などに役立てられています。クラウドストレージサービスのDropboxで開発が進められていた大規模な非同期処理フレームワークについて、同社のエンジニアであるArun Sai Krishnan氏が解説を行っています。

社会人に特化したフィリピン・セブ島留学【MeRISE留学】

続きを読む…

Source : ギガジン
Dropboxが新開発した「非同期処理フレームワーク」はどのように構築されているのか?

あなた本来の美しさを引き出します「もとび美容外科クリニック」