ファイザーの新型コロナワクチンは「物流の悪夢」との報道、その理由とは?

あなた本来の美しさを引き出します「もとび美容外科クリニック」

アメリカの製薬大手ファイザーが開発中の新型コロナウイルスワクチン「BNT162b2」は、2020年11月9日に「治験で90%を超える予防効果が見られた」と発表されたことから、新型コロナ対策として有望視されています。しかし、このワクチンを多くの人に届けるためには、特別な設備や体制を整えることが不可欠であることから、アメリカのニュースメディア・CBS Newsは「物流にとっての悪夢となる」と報じています。

For A-career

続きを読む…

Source : ギガジン
ファイザーの新型コロナワクチンは「物流の悪夢」との報道、その理由とは?

社会人に特化したフィリピン・セブ島留学【MeRISE留学】